人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今年初の炭火焼

夫のお稽古と
人間ドックの後の精密検査と
(毎年いろいろひっかるも結果は問題なし)
義母の年金の書類提出と
そして我が家の一仕事を終え
昨日やっと北軽井沢に戻ってきた

上里サービスエリア辺りまでの外気温は36度
碓氷インターを出て走り始めた頃が26度
北軽井沢はさぞかしと期待したのに裏切られ
25度だった
もう少し涼しいと思っていたんだけれどなぁ


我が家に向かう前にJA a-coop で買い出し
卵LLサイズ
ヨーグルト
トマトジュース
くだもの
三陸のサンマの開きと上州牛
山崎製パン製だけれど 群馬の水を使って作ったゼリー


我が家に到着までの道のり
道にはたくさんの枝と葉
大きな木もあちらこちらで倒れている
台風でかなり荒れたんだね
我が家は大丈夫かしらとドキドキしながら進んだ

到着と同時に恐る恐る庭を見回す
大丈夫みたい
良かった・・・・

それでも 落ち葉と落ちた枝がいっぱい散乱していた
明日掃除しなくっちゃね
畑にも枝・・・・?じゃないな
ウリボウがかき回した様子
ぐちゃぐちゃだ
ちょっと留守をすると我が物顔で無茶苦茶なことをやってくれるじゃないか
これも明日整理しよう


荷物を整理してティータイム
お昼ご飯も遅かったからお腹がいっぱいになっちゃった
夕飯は軽めにしたい

いろいろ考えていて
サンマの開きと上州牛が頭に浮かんだ

今年初の炭火焼_c0341450_18224017.jpg
炭火焼にしよう!

去年の炭 去年のお餅 
今日のトイレ休憩は甘楽パーキングエリアだったが
そこで甘楽きゅうりと甘楽茄子(本当にそんな名前なのか?)を買ったので
きゅうりは味噌をつけ
茄子は焼きナスだね

今年初の炭火焼_c0341450_18225979.jpg
去年まであった安いテーブルは
テラスの下に放置したため朽ち果ててしまった
脚立や椅子を持ってきてなんとか・・・・
ビールは地面置き
私の足と同じ高さになっちゃった

水コンロを屋根裏から探し出した
火消壺に残っていた炭に点火したので簡単だった


今年初の炭火焼_c0341450_18242650.jpg
脂の乗りいまいち
少々塩辛し
でもこんがり焼けば美味しいぞ!
焼き茄子は絶品だった

仕上げに去年というか今年のお正月の残り餅を焼いて磯辺巻き

初日はこれにてお終い


今年初炭火焼
夫婦だけだし
これくらいで十分だ
本当はアスパラガスとエビとソーセージがあればなぁと夫

上州牛が半分残ってしまった
今日も炭火焼かな?







by kitanokotori | 2018-07-31 08:57 | たべること | Comments(0)
姉夫婦と母が北軽井沢に滞在した時

「あれはなに?と思ったよ」

と言われたのが


「5個のてみ配置作戦」で雑草引きを快適に_c0341450_22191072.jpg
これ

庭のあちこちに置いている


「5個のてみ配置作戦」で雑草引きを快適に_c0341450_22184198.jpg

股関節の手術を受け
一回目のリハビリの時に目標を尋ねられたのだが

「庭の雑草をひくこと」

と答えた

なんとかしゃがんで雑草を引くことができるようになったが
引いた雑草をゴミ捨て場に何度も持っていくのが困難
諦めて 引いたところにまとめて山積みにしたら
これが美しくない 
だんだん乾いて地面に張り付いてしまう

夫にお願いしてコメリにつれていってもらい
これまで使っていたものと同じてみを3個買い足した
合計5個のてみ
これを庭のあちこちに配置
引いた雑草を溜めていく
一杯になったらゴミ捨て場に運ぶ
気が付いたらカラになっていることもある
夫が捨ててくれているみたい
ありがたい

しゃがめるけれど 長い距離を歩けないので
庭中あっちこっちに移動するのが少々困難
でも見つけたら引きたい雑草
当分はこの「5個のてみ配置作戦」でいこうと思う
同じてみなので 重ねるとぴったり重なるから嵩張らない
安いのも決めてだったから
この不思議な色に関しては譲歩することにした
使わない時は重ねて薪小屋の陰に置いておけば目立たないからいいさ





by kitanokotori | 2018-07-30 04:58 | 庭のこと | Comments(2)

ノリウツギを切る

朴の小径の周り
沢山の山野草が顔をだし
毎日ワクワクしながら眺めているが
朴の木は主役だからよいとしても
他の木の陰が多すぎて日差しが足らない
だから地面も隙間が多くて美しく茂らない
毎日地面を睨み 木を見上げ
そして決心
夫にお願い


「切ってほしい枝があるんだけれど」

その時は聞き流されたのだけど
暫くしたら鋸を持って登場

「どれ!?」

と尋ねる夫に
曲がりくねって生えているノリウツギを指さしたら

「これ~~? 無理だろ~~~!」

いえいえ 本気です
では妥協
この下の枝2本でいかが?


「病み上がりなのに 支えられないだろう?重いよ」

大丈夫 大丈夫 両手で受けるから

渋ちんな表情で木を切る夫
半分切った辺りで大きな枝がその重さで垂れ下がってくる
慌てて受け止めるが重い!
切り進めようとする夫

待って 待って!
全部切り落とす前に 
この枝の先を切り落として~~と叫ぶ私
指図されてムッとする夫
でも気になんかしていられない
枝先がレンゲショウマの花芽に当たっている
大変大変
先を切って軽くしないと
支えきれなくて レンゲショウマの上に倒れこんでしまうに違いない

必死で支える私
ブツブツ言いながら枝先を切り刻む夫

続いて二本目もお願い!
またまた不機嫌な夫
でもお願い!!
鼻息荒く後に引かない強気な妻(笑)

ノリウツギを切る_c0341450_22144273.jpg
これくらいの太さの木でも
長さがあるととても重い
本当は この後ろの太いのも切ってと言っていた
今は無理だったね
雪が積もってからにするか

切り落とした枝先を山野草を気にしながら運び出す


ノリウツギを切る_c0341450_22151176.jpg
山盛りだわ


ノリウツギを切る_c0341450_22141267.jpg

これでかなり日差しが変わったんじゃないだろうか
秋までに この地面が見える隙間に
新しい山野草が顔をだすといいなぁと期待でいっぱいになる




ノリウツギを切る_c0341450_22134121.jpg
こんなに空が見えるようになった


綺麗だなぁ






by kitanokotori | 2018-07-27 06:17 | 庭のこと | Comments(0)

朴の葉の破片

朴の葉の破片_c0341450_22161064.jpg
庭を歩いていると あちらこちらに朴の葉が


朴の葉の破片_c0341450_22164178.jpg
それも破片


朴の葉の破片_c0341450_22171094.jpg
こんな具合


朴の葉の破片_c0341450_22174070.jpg
噛まれてちぎれたのか


朴の葉の破片_c0341450_22181143.jpg
上を見上げれば 朴の葉はレース状になっている

ははぁん いるんだな?
耳を澄ませる
カサコソカサコソ

いるいる 
フチグロホシカミキリがいるいる

まだ姿は見ていない
あんなに美しい甲虫 他にいるだろうか
ジッと木を見上げて過ごす







by kitanokotori | 2018-07-26 09:24 | 自然のこと | Comments(0)
今年の夏の暑さは
都会だけではなく 北軽井沢でもかなり厳しい
外気温が30℃を超えると
木の茂っていないところに立っている家は
室内の気温も高くなってくる
クーラーをつけていない家が多いので大変かもしれない
お友達のアトリエでも扇風機が賑やかに回っていたが
それでも 暑さに負け気味で

「もう眠たい~!」

と叫んでいた

とはいえ
どんなに暑い一日だったとしても 夕方にはグンと気温も下がり
夜は肌かけにくるまり 気持ちよく寝ることができる
熱帯夜のないのはありがたい

日中の散歩も
木陰があるお陰で楽しむことができる
やはり恵まれていると思う


今年の夏は北軽井沢も暑い_c0341450_04480691.jpg
今年の夏の照月湖は
アラビアンホースは休園だそうで馬が来ない
来年は開園するとホームページにはあるので
この暑さが原因ではないと思うのだけれど
休園ということでスタッフも来ず
作業もしていないので草がボウボウ

今年の夏は北軽井沢も暑い_c0341450_04481059.jpg
湖畔の径も閉ざされつつある

こう暑いと避暑にはならないから
馬も伊豆にいるのと変わらない
それなら長いバスでの移動はストレスになるだけだから
お休みもよかったのかもしれない
でも馬がいないのは寂しい
今年の夏は北軽井沢も暑い_c0341450_09223906.jpg
こんな景色 今年は見られない





by kitanokotori | 2018-07-25 08:35 | 自然のこと | Comments(0)
今年も山道の伐採作業が実施された
ヤマホタルブクロの群生も
可愛い山苺も
みんなみんな刈り取られてしまった
残念だけれど 別荘地管理としては仕方のないこと
その前に山苺を庭に少し移植してみたが着くかなぁ

この後に出没するのがウリボウ
葉が刈り取られて地面が露出し
ミミズを探して掘り返す
その後はブルドーザーが通ったのかと思うほど
庭も引っ掻き回す
でもその姿は残念なほど愛らしい
窓際で昼寝をしていて
ブヒブヒという声に顔を上げたら
目の前にのんびりとたたずむウリボウと目が合ってしまった
ここは我が家の庭なんだけれどなぁ
別荘地には柵がないから入るも出るも自由自在だ

熊が出たという報告もあれば
サルがいた 鹿を見た などなど
これは夏バージョンの動物たちかな
冬には カモシカ タヌキ 狐 テン リス をよく見る
うさぎは足跡はいっぱいだがまだ姿は見たことがない

人間が頑張って存在をしめさないと
あっという間に自然に飲み込まれてしまいそう
自然と力勝負をしながら森の中で生きているのかもしれない
管理されている別荘地であっても
自分のものとしたその時から
やるべきこと 守る姿勢を保つのは大切だと思っている
そしてそれは容易いことではなく
一生懸命頑張らないとならないレベルのこと
でも その場所に愛情があればできると思う


力勝負をしながら森の中で生きる_c0341450_04302848.jpg







by kitanokotori | 2018-07-24 08:33 | 自然のこと | Comments(0)
前回都会から北軽井沢への移動途中
ツルヤで赤しそ発見
好きな千鳥酢も買うことができた

都会の我が家で久しぶりのランチ会_c0341450_13435666.jpg



夏の間 毎日楽しむ紫蘇ジュース
夏休みでやってくる息子が持って帰るので
去年と同じくらいつくらないとね
今は去年の分が少し残っているので大丈夫だけれど
また赤紫蘇を見つけたらつくることにしよう
軽井沢方面は少し季節が遅れてやってくるので
探せばまだ手に入るんじゃないかなぁ
流石に都会の我が家あたりではもう赤紫蘇の姿はない

暑い中
夫のお稽古と諸々の理由で都会の我が家に帰宅
股関節の末期に突入して以来 お友達とはご無沙汰していた
連絡を取り合い 会おうということにはなったのだけれど
転倒が恐ろしく まだ繁華街への外出は控えているので
夫がお稽古で留守の間に我が家でランチ会を開くことにした
料理はオーブンに入れればできるものにして
お土産にいろいろ持ってきてくれたしで
ひたすら ひたすら おしゃべりに集中

都会の我が家のベランダで自然に育っている青紫蘇
強すぎる太陽の光のせいで
白茶けて硬くなっていた
そんな部分を摘み取って紫蘇ジュース
りんご酢にしたからか ちょっとパンチにかける仕上がり
それでも 暑さ凌ぎには十分

青紫蘇が30g
水300cc
砂糖60g
りんご酢60cc

これが今回のレシピ
沸騰した湯で青紫蘇をいれて20分煮て
砂糖を加え
粗熱がとれたところにりんご酢

アバウトに作ったわりには美味しいかな

北軽井沢の畑の青紫蘇が大量に育っているので
あれも紫蘇ジュースにしよう
今度は赤紫蘇ジュースと同じレシピで作るかな

村上造酢株式会社さんのレシピはこちらで



紫蘇ジュースで乾杯したあと 前菜から始まり始まり


都会の我が家で久しぶりのランチ会_c0341450_19180373.jpg
簡単なお惣菜ばかりなので
派手な色のお皿でカムフラージュ

半田めんにミニトマトとオクラに青じそ
麺つゆは信州産
烏賊の握りずしにすりおろした酢橘の皮と塩
暑い中来てもらうので甘~い厚焼き玉子
お持たせのポテトサラダを生ハムで巻いて
珍しい伊勢のお土産 真珠漬け
これはあこや貝の貝柱を粕漬したもの
お持たせの胡瓜の酢の物も向付に





都会の我が家で久しぶりのランチ会_c0341450_19190911.jpg
ローストポークに玄米ご飯
玉ねぎ 人参 じゃが芋も一緒に焼いたので
ワンプレートならぬワンパン(フライパン)料理
食後は皆さんが持ってきてくださったケーキにフルーツポンチ
飲み物は我が家お気に入りの紅茶

ロンドンで暮らしたことのあるお友達が

「この紅茶美味しい~~!」

そう この紅茶はケニア
好きだと思ったのでコーヒーにしなかったのさ

楽しいひと時
友達は大切だな




by kitanokotori | 2018-07-23 10:17 | たべること | Comments(0)
ポリフェノールたっぷり 山桑の実_c0341450_13442010.jpg
可愛い木の実がなっているのは
毎年の楽しみとなっている山桑
赤いのは酸っぱくて食べられないけれど
黒いのは甘酸っぱくてとても美味しい
ジャムにするとか果実酒にするとか聞くけれど
我が家では毎日ヨーグルトに入れる分だけ収穫する


ポリフェノールたっぷり 山桑の実_c0341450_14312437.jpg

このくらいの量を
夫と二人でいただく
ポリフェノールたっぷりだそうで
老化対策に心強い味方
庭仕事の合間にも
ポイポイっと口に放り込んで楽しんでいる
もうしばらく楽しめるかな

我が家の庭には たくさんの山桑が生えているが
実がなるのはこの木一本だけだ
雌雄があるらしい
大切にしよう





by kitanokotori | 2018-07-22 04:10 | 自然のこと | Comments(0)
美しい瞬間を逃したくない_c0341450_08552827.jpg
レンゲショウマのつぼみが順調に育っている
もうすぐだなぁ
私の留守に咲かないでほしいなぁ



美しい瞬間を逃したくない_c0341450_10075881.jpg
予想した通り
庭中にオカトラノオが広がっている
予想外だったのがヤマホタルブクロ
あちこちに点在して庭を盛り上げてくれる

期待以上だったのが

美しい瞬間を逃したくない_c0341450_08545743.jpg
チダケサシ


美しい瞬間を逃したくない_c0341450_08550960.jpg
桃色の花がなんとも愛らしい
これも庭中いたるところにいて嬉しい
まだまだ新芽が顔を出しているから楽しみ
間引いたイタドリももうすぐ花が咲き始める
この子達もなかなかゴージャスだ


美しい瞬間を逃したくない_c0341450_22131049.jpg
山萩も咲き始めた
この色が好き

「山萩をみつけたら直ぐにひきなはれやと庭師に言われたわよ」

と母が言うのだが
数十坪の庭には心配な野草かもしれないけれど
柵もない草原状態だから引かないと答えたら
母も納得した様子だった

これから夏の山野草の後半戦に突入する
この子は誰かなぁ?と注目しているもの多々
できるかぎり北軽井沢にいたいと思う
この子達の美しい瞬間を逃したくない

慌てて写真を撮ったのでピンとが合わなかったのだけれど

美しい瞬間を逃したくない_c0341450_22194136.jpg
この子は誰?
ワクワク ドキドキの毎日







by kitanokotori | 2018-07-21 04:31 | 庭のこと | Comments(0)
スーパー大津で買った上州牛

たまにはキャンドルの明かりで_c0341450_08534403.jpg

たまにはキャンドルの明かりで_c0341450_08533368.jpg
調理前の花びら茸

準備万端 さて料理スタートというところで停電
でも大丈夫
家じゅういろんなところにろうそくとマッチを常備している

たまにはキャンドルの明かりで_c0341450_08535232.jpg
暗くてピントがぼけちゃったけれど
こんな状態で調理続行


電気はすぐに復帰
そして昨日アップした茶色いプレートが完成

たまにはキャンドルの明かりで_c0341450_08541157.jpg
( ´艸`)

後ろに写っている醤油は
松本の旅館で教えていただいた
赤羽味噌醤油醸造店のもの
濃い口と薄口 味噌も二種類連れて帰ってきて
現在試行錯誤中

嵐の時 雷の時 と
北軽井沢ではよく停電する
でもすぐに復旧するから気にしていない
先週は栗の木が倒れて電線に引っかかってしまい
補修工事のため数時間停電したが
日中だったのでこれも問題なく終わった

時にはキャンドルの明かりも良いなぁ







by kitanokotori | 2018-07-20 07:54 | 日々の出来こと | Comments(2)