美しい北軽井沢をゆっくり楽しんでいます


by kitanotori
従弟の葬儀
私の子供の頃の懐かしい場所辺りの斎場でした
途中 うれしい物を発見
葬儀の後 買ってきました

c0341450_19354236.jpg
c0341450_19354996.jpg
c0341450_19355210.jpg
子供の頃によく食べた酒饅頭です
食べた途端 口の中に香しいお酒の香が広がります
これだ~~これなんだよ
慌てて夫に写メールしたら

「これが いつも言っていた物なんだね」

と返事がありました

北軽井沢界隈にも有名な酒造会社の大きなお店があるのですが
草津が近いからか 酒饅頭というよりも温泉饅頭という感じでガックリ

「これじゃないのよ・・・」

と言っていたのでした

買った時 賞味期限は今日中と言われました
大切に持ち帰り レンジで温めて夫にだしました
わかってくれたかな? この違い

葬儀は
少々宗教上のトラブルで波風がたち
せめて私達だけでも心穏やかにありたいと
静かに帰ってきました
北軽井沢に戻り 気が付いたら眠っていました







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ





[PR]
# by kitanokotori | 2018-02-20 08:17 | 日々の出来こと | Comments(0)
母に落款を彫ってあげようと思いついたのが一昨日の夜
デザインを考えているうちに寝てしまっていました

昨日 朝食の後片付けを終えると同時にデザインを考え始め
石を選び 一生懸命彫って彫って
気が付いたら夕方になっていました

これまでは朱印ばかりで白印を彫るのは初めてのこと
とてもうまくいくとは思えないのだけれど
とにかく途中でやめるのだけは避けようと決めていました

もう少し もう少しと手直しをしているところに
訃報の知らせ
まだ60歳の父方の従弟が亡くなったのでした
暫し茫然としてしまいました
落款を母に手渡しすることになってしまいました
これは虫の知らせと言えるのでしょうか


c0341450_21515277.jpg
試作品だったので かなり歪でバランスが崩れていますが
とりあえず これを持っていくことにします


c0341450_21514586.jpg
自然石にしたので袴は無しで
小袋を作りました


夫は北軽井沢の我が家で初めてのお留守番
バスで軽井沢へ その後は新幹線です
北軽井沢からの路線バスに初めて乗れることになりました
都会の我が家で喪服など用意して
従弟にお別れに行ってきます
去年は母方の やはり60歳の従弟を送りました
ふたりとも医者でした
どうなっているのだろう





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ





[PR]
# by kitanokotori | 2018-02-18 10:52 | 日々の出来こと | Comments(0)
母が夫に電話してきました

「一茶だか一休さんだか 手毬の歌があったわよね」

今年の書道展に出すための準備なのです
一茶も一休さんもハズレで
( ´艸`)
正しくは良寛様でした
文学的知識の乏しい娘をスキップして
知力溢れる婿に尋ねたのでした
母の今の幸せはひ孫を眺めることです
良寛様が子供と手毬遊びをする歌を選んだのは
ひ孫のことがあったからだろうと思います

久しぶりに落款を彫ろうかという気になりました
いろいろ調べて冠帽印にしようと決めたのですが
言葉がねぇ・・・・
母のイメージに合う言葉

「長楽は?」

と夫
長はいいのだけれど 楽という字が難しいのよ

「じゃぁ真心は?」

あの気の強い 言いたい放題の人に真心? 合わないなぁ

ひ孫に会えるのをエネルギーにして
新幹線にのって上京してきて
別れの日に

「ひ孫に会えるのはこれで最後かもしれない・・・」

と泣く母
先月88歳になりました
これが最後と思うのもしようがありません
そんなひ孫を見つめる母の目線を思い 見つけたのは

眼施

仏教用語 無財の七施のうちのひとつだそうで
やさしい眼差し 慈悲の眼差しで人に接すること

(ひ孫と孫への)優しいまなざしはできているなぁ
慈悲のまなざしで人に接する・・・これはどうだ?( ´艸`)

後 夫からの提案は

和顔

良寛様がお好きだった仏教の言葉

和顔愛語

この最初の二文字です
これも顔の文字が書けるかなぁ・・・・

c0341450_09524712.jpg
これは以前プレゼントした落款
診察室の椅子に座っている医師だった父親に
一生懸命話しかける娘をイメージしました
祖父の名前は弘
母の名前はヒロ子
合わせて「弘子」
この二文字の落款です
これに合う冠帽印

c0341450_09525225.jpg
書いて 書いて 書いて
いつかヒットするまで書き続けます


c0341450_09523726.jpg




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ





[PR]
# by kitanokotori | 2018-02-17 10:53 | 作ること | Comments(0)
都会の我が家に帰る時は
前もって図書館に貸し出しの申し込みをします
人気のない本に限ります
そうでないと貸し出し延長依頼ができないのです
今回のこの本は誰も希望者がいない古い本だったので大丈夫

c0341450_16032839.jpg

もう一冊は図書の蔵書になかったので購入しました
c0341450_15120524.jpg
このおまけのスプーンがあるから蔵書にならなかったのかしら?

これと

c0341450_12061346.jpg
この三冊の内容を比べてみました
聖路加病院の病院食 お洒落ですね
入院していたら感激するだろうなぁ
でも塩分は多めで 殆どのレシピが一食で3gを超えています
長野県の給食レシピの方は2g前後
国立循環器センターのは一食できる限り2g以下で抑えています
塩分を一日7g以下に抑えたい
でも聖路加病院の美しいレシピも取り入れたいかな
しばらく三冊を眺めながら料理してみよう・・・
なんだか楽しくなってきたぞ



減塩の本を検索していると
減塩で体重が減ったという書き込みを沢山発見!
減塩ダイエット?
薄味にするだけで痩せられるのか?

減塩 しっかり頑張ってみよう
( ´艸`)

あ~~おまけの計量スプーン 
持ってくるの忘れた~~
ま なんとかなるかな




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ





[PR]
# by kitanokotori | 2018-02-16 08:48 | たべること | Comments(0)